妊娠線クリームの成分と効果

妊娠線によるコンプレックスから私たちを守ってくれる妊娠線クリームは、産前産後のママや肉割れに悩む人たちの頼もしい味方です。ラインナップも豊富で、様々な効果のある成分が配合されています。では、妊娠線クリームの主な成分とその効能にはどのようなものがあるのでしょうか、調べてみましょう。

 

保湿は妊娠線クリームに必須の機能です。とりあえず保湿のために妊娠線クリームを買った、という人もいるのではないでしょうか。

 

保湿に効くのは第一にクリームの油の成分です。油分は皮膚の表面に蓋を作って潤いを逃がさない働きをします。

 

だいたいどの妊娠線クリームにもミネラルオイル・ホホバオイル・アルガンオイル・シアバター・オリーブオイル・スクワランといった油の成分が複数ブレンドした状態で含まれています。

 

オーガニックにこだわる製品には特に高価なオーガニックオイル(アルガンオイルシアバター)が使われています。

 

一口に油分と言っても分子の大きさにはかなり差があり、表皮の外側に膜を作るもの(ミネラルオイルなど)、表皮に浸透しつつ水分を保持するもの(シアバターなど植物系のオイル)、真皮まで到達できるもの(馬油や鮫のスクワランなど)というように浸透力には違いがあります。

 

また保湿目的とは違いますが、香料として使われることの多いネロリラベンダーまた柑橘系の精油真皮まで浸透し、有効成分を血管へ届けることができます。

 

保湿のための主要成分は他にもあります。ヒアルロン酸・セラミド・プラセンタ・コラーゲンといった化粧品でもおなじみの成分です。

 

製品によってこれらの内のいくつかが選ばれて使われていますが、成分名に「ナノ化○○」「スーパー○○」などと表記されている成分は、分子の大きな成分の浸透力を上げる特別な工夫がされています。

 

保湿だけでなく肌の調子を整える働きもしているのがビタミンCです。ビタミンCはコラーゲンの生成に欠かせない成分で、美白効果や抗酸化の働きもします。酸化しやすいビタミンCを肌に浸透させるのは難しいのですが、ビタミンC誘導体という形にすると角質層までしっかり浸透させることができます。

 

ある妊娠線クリームの口コミで、妊娠線クリームを塗っていた部分の肌がだんだん白く明るくきれいになって、できてしまった白っぽい筋状の妊娠線が目立たなくなったというものがありました。ビタミンC誘導体が成分として含まれていれば、そうした相乗効果も期待することができるのです。

 

ビタミンBの一種である葉酸も妊娠線クリームに使われることの多い成分です。葉酸は表皮より下の真皮のケアができる貴重な成分で造血のビタミンとも呼ばれ、妊婦は貧血予防や胎児の発育を助けるためにサプリメントとして摂取することも勧められています。

 

葉酸はクリームとして塗ると血液のめぐりを良くし、細胞の働きを活発にする効果があります。血行が良ければ妊娠線の原因の一つと言われる冷えも防ぐことができますし、細胞の修復や生成が活発に行われるようにもなり良いこと尽くめなのです。

 

葉酸の血行改善の副産物としては肌の引き締め効果も挙げることができます。特に産後のたるんだお腹を引き締めるのに葉酸の血流促進パワーが効果を発揮するといわれ、妊娠線クリームを産後も使い続けるメリットとされています。

 

高い経皮吸収性があり真皮に働きかけて細胞の活性化を促す成分としては、他にもシラノール誘導体があります。シラノール誘導体は私たちの骨や血管に含まれるケイ素というミネラルを肌に浸透させやすい形にしたものです。

 

シラノール誘導体には真皮のコラーゲンを補強し再構築し、真皮の弾力を修復するという働きがあります。そもそも妊娠線とはコラーゲン繊維の断裂なのですから、コラーゲン繊維に直接働きかけることのできるシラノール誘導体は、妊娠線クリームの成分として画期的な成分ということができるでしょう。

 

シラノール誘導体は皮膚のセラミド量を増加させる働きもあり、保湿効果があることでも知られています。ですからシラノール誘導体配合の妊娠線クリームにはいわゆる皮膚の内側からの保湿が期待できるのです。

 

真意にダイレクトに働きかける成分としてはFGF(線維芽細胞増殖因子)もあります。FGFはFGF受容体と呼ばれる組織に指令を出し、真皮のコラーゲン繊維やエラスチン繊維をどんどん作るよう働きかけます。その際ヒアルロン酸の分泌量も増やす働きがあり、真皮そのものが成長できる条件が整えられます。

 

妊娠線クリームに使われるFGFは、コラーゲン繊維を作る命令機能がより効果的に発揮されるよう、コラーゲンの材料となるビタミンCと共に配合されています。

 

保湿機能・血行促進機能・コラーゲン生成促進機能といった大きな機能を持った成分の他にも、妊娠線クリームには様々なエキスや栄養成分が配合されています。肌を整えたり透明感を出したりするほか、マッサージ時のリラックス効果のために配合されている成分もあるのです。

 

しかし配合されている様々な成分と同じように気を配るべきなのは、香料・着色料・界面活性剤などの「配合されていない成分」です。

 

一口に無添加といっても、不使用の成分が3つの製品もあれば9つの製品もあります。ですから、妊娠線クリームの効果を考える時には有効成分だけでなく、無添加の成分が何かもチェックするようにしましょう。